Marketing

AppleのWWDCにおけるアナウンスが意図することとは?

June 28, 2021  |   LiveRamp

現地時間6月7日に開催された今年のWWDC (Worldwide Developer Conference ) で、Appleがいくつかのプライバシーに関連するアナウンスが発表されました。これらの発表は、マーケターが顧客とつながる方法や、パブリッシャーが在庫を収益化する方法に影響を与えるものです。今回のブログでは、2つの重要なアップデートを取り上げ、今日からできることをご紹介します。

 

アップルが発表した内容とは

 

ITPによるIPアドレスのブロック

Appleは、インテリジェント・トラッキング・プロテクション(ITP)をアップグレードし、ターゲティングや計測のために使用するインターネット・プロトコル(IP)アドレスをブロックします。これは主に、様々なブラウザの信号を収集してユーザーのIDを作成するフィンガープリント・ソリューションに向けたものです。フィンガープリントは、ユーザーの認識や同意なしにデータを収集するもので、過去5年間、エコシステム全体で形成されてきたプライバシー保護の波に反するものです。フィンガープリントは、規模の大きさという魅力がある一方で、ユーザーの信頼を損ない、持続可能なソリューションではありません。Appleの変更は、Safariで作動するフィンガープリントを使用しているIDプロバイダーに深刻な影響を与え、彼らのソリューションを効果のないものにしてしまう可能性があります。

 

これはマーケティング担当者にとってどのような意味があるのでしょうか?今回のアップデートは、ユーザーの信頼に基づいた人ベースのIDでインベントリを買い付けることの重要性を強調しています。IPアドレスに基づくソリューションやチャネルを超えてユーザーにリーチする必要があるマーケターは、今後Safariではそれができなくなります。認証に基づいた人ベースのソリューションにより、マーケターはブラウザの規制に準拠してチャネルを超えて広告を出すことができます。

 

これは出版社にとってどのような意味がありますか?今回のアップデートでは、パブリッシャーが自社のユーザーと信頼できる、ファーストパーティの関係を構築する必要性が強調されています。認証されたユーザーによって、パブリッシャーは自社のインベントリをファースト、セカンド、およびサードパーティのマーケターのデータとリンクさせることができます。パブリッシャーは、認証なしのIDを提供すると主張するCookieレスソリューションには注意する必要があります。これらのソリューションは、ユーザーにとってプライバシーや透明性のない方法を採用している可能性があります。

 

Hide My Email

Appleは「Hide My Email」の導入を発表しました。これは、オンラインフォームに入力する際に、固有でランダムなメールアドレスを作成するサービスで、ユーザーの本当のメールアドレスではなく、各パブリッシャーが作成された別のメールアドレスを受け取ることになります。この「relay」サービスは、ユーザーの実際のアカウントにメールを転送します。「Hide My Email」は「Sign In With Apple」”機能をモバイルアプリに拡張したものです。

 

これはパブリッシャーにとってどのような意味があるのでしょうか?パブリッシャーは、ユーザーがリレーアドレスではなく実際のメールアドレスを安心して共有できるように、ユーザーとの信頼関係を築くことを優先する必要があります。さらに、パブリッシャーは、ユーザーの本当のメールアドレスを必要とする技術の調査を検討する必要があります。

 

業界の地殻変動

今回のAppleの発表は、データ収集とその使用に関する透明性の欠如と、それに伴うユーザーの信頼の喪失をきっかけとした、デジタルランドスケープの大規模な再構築につながる一連の発表の最新版です。ITPETP(Enhanced Tracking Protection)ChromeのサードパーティCookieの廃止、DCM IDの再編集、iOSのATT(AppTrackingTransparency)フレームワーク、そして最近のAAID(Android Advertising ID)のオプトアウトの変更は、ユーザーに焦点を当て、マーケターやパブリッシャーが直接的な関係を築くことでユーザーの信頼を得ることを目的としています。

LiveRampはこれらの変更に備えてきています。当社のAuthenticated Traffic Solution(ATS)は、ユーザーのプライバシーと信頼を中核として設計されています。その目的は、マーケターやパブリッシャーがデータやIDを管理できるようにすることであり、また同時にユーザーの透明性、選択肢、コントロールを維持することでユーザーとの信頼を構築することを可能にすることです。信頼の基盤は、ユーザーをブランドとのより深い関係へと導きます。これには、ユーザーの情報(認証)を真の価値やより良い体験と交換することが含まれ、この価値交換こそがパーソナライズされたコンシューマージャーニーを実現するために不可欠なものです。

ATSはまた、大規模なテクノロジープラットフォームがユーザーの利益を最優先するために明確にしている原則に沿って設計されています。例えば、ATSは、GoogleがGoogle検索やYouTubeなどの自社コンテンツで行ってきたアプローチと同様の設計がされています。ATSは、このような機能をWalled Gardenではないパブリッシャーに提供することで、オープンウェブが公平な競争に場となるようにし、パブリッシャーが私たちが楽しんでいる無料のコンテンツを提供し続けられるようにします。

 

行動すべき時

業界の変化は進んでいます。LiveRampは、アイデンティティ・レゾリューションファーストパーティデータ資産を構築し、ATSで有意義な体験を提供することで、世界レベルのアドレッサビリティと測定の可能性を確保することができます。ATSは、ブランドパブリッシャーにとってより良い結果をもたらすことが証明されています。

マーケターのみなさま。クッキーやモバイル広告ID、IPベースのワークフローから脱却する時期に来ています。つまり、チャネル全体でRampIDによりインベントリを購入して計測し、認証ベースのソリューションを導入してファーストパーティとセカンドパーティによるセグメントを作成し、キャンペーンの結果を計測することになります。引き続き、対応するDSPから直接インベントリを買い付けるか、対応するSSPを通じてプライベートマーケットプレイスのDeal IDを介してインベントリを買い付けるかを選択することができます。RampIDでの買い付けは、LiveRampの人ベースのアドレッサビリティ、ATS、IP経由のCTV ID、サードパーティのCookie、モバイルデバイスなど、すべてのソースを組み合わせることで、ブランドが効率的にチャネル全体でインベントリを買い付けし、測定することを可能にします。これによりブランドは、デバイス/ブラウザのIDが存在する間はその規模を把握できると同時に、ATS在庫で買い付けする場合のブランドの投資を守ることができます。

パブリッシャーのみなさま。ATSを導入して、Safari、Edge、Firefoxなど、これまで対応できなかった環境から新たな収益源を開拓し、世界第2位のパブリッシャーであるMicrosoftはCPMを40%も向上したように、CPMを改善した世界中の何百ものパブリッシャーの仲間入りをしましょう。

ご不明点やお問い合わせは、japanteam@liveramp.com までご連絡ください。