Twitterへのセグメントデータの配信が可能になりました

Twitterへのセグメントデータの配信が可能になりました

二月 18, 2019 LiveRamp Japan Leave a Comment
Data Store, News & Updates, Partner Announcement

最新情報

当社のTwitterとの連携により、マーケティング担当者は、LiveRamp Data Storeを介してセグメント化されたオーディエンスをTwitter Adsプラットフォームに配信し、ターゲットオーディエンスにリーチすることが可能になりました。

これによりマーケティング担当者はLiveRamp Data StoreのセグメントをTwitter 上で有効化してキャンペーンに活用することが可能になります。。さらに、これらはすべてプライバシーに遵守した方法で行われます。

例えばCクラスレベルやエグゼクティブレベルの富裕層、住宅所有者、リピート顧客などといった関連性のあるコンテンツを使用して、優れたエンゲージメントとコンバージョンを提供することができます。

Data StoreでのTwitterへの配信方法

1.LiveRamp Connectを開き、左側のアイコンから”Data Store” > ”Buy Data”を選択します。

2.DataStoreを開いたら、使用したいセグメントのうち、”Twitter:”で始まるセグメントを選択します。

3.次に、配信先でTwitterを選択します。

4.”Twitter Data Store Japan”を選択します。

5.以下のページでは、”Share Account ID”の欄に、データを送りたいアカウントのTwitter広告アカウントIDを入力してください。このIDは通常小文字アルファベットの文字列(例:12a345bc)から成ります。このIDはTwitterプラットフォーム中の、”Account settings”で確認することができます。

LiveRamp-Twitterプログラムを使用することで、マーケティング担当者はLiveRampConnect®で顧客データセグメントを管理および有効化し、オーディエンスをTwitterに配信することができます。

日本におけるTwitter連携の詳細については、datastore_jp@liveramp.comまたはLiveRampの担当者にお問い合わせください。