カスタマーリレーションを強化する

3rdパーティCookieが制限され始めています。LiveRampは、Cookie後にも継続可能な収益モデルを構築しながら、データプライバシーコンプライアンスを導き、しかるべき準備をサポートしています。 ユーザーがプライバシーを意識した方法でコンテンツにアクセスできるようにすることで、ユーザーとの信頼関係を高めることができます。

icon

コンプライアンスを満たします

新しい法律やガイドラインが適用され、コンプライアンス対策が非常に重要になります。LiveRampのコンセントマネージメントプラットフォーム(CMP)である Privacy Managerは、規制の変化に対応し、コンプライアンスを準拠するために必要なツールと機能を提供します。日本の個人情報保護法はもちろん、既に施行されているCCPAおよびGDPRにも対応済みです。

icon

収益性の向上

3rdパーティCookieの制限により、広告枠の収益化はどんどん難しくなっていきます。 LiveRampが提供する認証トラフィックソリューション(Authenticated Traffic Solution = ATS)により、サイト訪問者の同意を得た認証によるIDにより1stトパーティのオーディエンス作成が可能になり、収益化に繋がります。オープンWebで活用できるようにPrebid.jsおよび独自のヘッダー入札ソリューションで利用できるように、主要なテクノロジープラットフォームと連携をしています。

icon

広告枠の価値の最大化

1stパーティオーディエンスを充実させ、LiveRampを通じて収益化し、プレミアムインベントリの価値を高めます。

icon

人ベースのリーチ

主要なDemand側のプラットフォームと同じように、広告主がデバイスではなく人に対して購入できるようにすることで、オーディエンスの需要を増やします。LiveRampのエンドツーエンドのアドレッサブルソリューションは、Webサイト、アプリ上のユーザーを認識し、それらをプライバシー保護された人ベースのIDと照合します。これにより、広告主は人ベースのターゲティングと計測から、より効率的なプログラマティック広告への予算投資を実現できます。

プライバシーとコンプライアンス遵守を優先事項にする

私たちはユーザーに情報を提供し、すべてのタッチポイントで一貫してデータがどのように使用されるかを制御する必要があると考えています。LiveRampのプラットフォームは、データエコシステム全体の透明性とユーザーによる管理を促進し、倫理的なデータの使用を確保することでユーザーを保護することが可能になります。

Cookie後の収益モデルの準備を始めるタイミングです。詳細はお問合せください。